相談前の準備について

全国各地の税理士の中には、相続問題に限らぬ無料相談窓口を開設から、多くの相談者とのコンタクトに努めている方もおられます。通常の相談に際しては、時間当たりの相談料の負担が必要ですので、特に現時点でまだ相続問題が具体化していないのであれば、タイミングを見て利用されるのも一案です。

多くの方々にとって相続問題は、感覚的にどこかしら他人事的なイメージが先行しがちです。税理士とのコミュニケーションを通じ、この問題が極めて身近な現実問題となる可能性を、あくまで冷静に捉えておく姿勢が大切です。

また早急な相談が必要であれば、限られた時間を有効に活用する上でも、十分な資料を準備から、より迅速確実に、まずは税理士に現状を伝えられる態勢を整えた上で、面談に臨んでください。何の準備もせず質疑応答に臨んだ結果、肝心なデータ面を税理士に伝え切れぬばかりか、相談というより愚痴だけで終始してしまっては意味がありません

次に税理士に対しては、全て真実を正直に伝える姿勢を徹底せねばなりません。体裁などを気にして虚偽の内容や数値を伝えてしまった場合、それらに基づき税理士が伝えるアドバイスや対応が、結果現状に対して不適切となってしまっては大変です。包み隠さず相談してこそ、何らかの大海策を導き出し、双方が理解納得の上での対処が叶います。

税理士に相談する

相続問題といえば、故人が残した財産の取り分で家族親族間が骨肉の争いを繰り広げる、そんなイメージを抱かれるかと思いますが、実際には数々のトラブルの断片に過ぎません。むしろ深刻な問題となるのが相続税が絡む問題で、相続税が支払えず相続人が困窮してしまう展開は、常に全国各地で生じ続けている、実は非常に身近な問題なのです。

勿論相続税が発生は、一定金額(時価額)以上の相続が対象となりますが、予期せぬ財産の譲受が結果、それまで概念に無かったお金の出入りとなり、結果相続人が円滑に自身の財産を管理できなくなってしまうパターンが少なくありません

こうした状況に一旦陥ってしまった場合、一般人の知識では適切な対処が叶わない、あるいは誤った判断から更に状況を悪化させてしまう展開が否めません。だからこそ税金関係のプロフェッショナルである税理士に、リスクが想定される、もしくはリスクが生じていると察知した段階で、速やかに相談から正しい対処法を仰ぐ姿勢が求められるのです。

数多くの相続問題と対峙を続けている税理士は、過去の事例と自身の知識と経験から、相談者に最適なアドバイスを届けてくれる存在です。臆せず早い段階でまずはコンタクトを取られる事をお薦めします。

相談相手選択に際して

多くの方々に共通して見られる傾向として、いざ相続問題が自分達家族に生じていると気づいた段階になって、果たして何をどう対処すべきなのか皆目見当もつかず、右往左往する間に時間ばかりが経過してしまう展開です。

ご存知の通り相続問題の中には、発生から対処を完了すべき期限が区切られている内容も見られ、放置イコール自分達に無用な負担を生じさせ兼ねません。相続は基本全ての人達とは切っても切れない事象であり、有事に備え、全幅の信頼を寄せて何でも相談出来る人物を確保しておく姿勢が求められます。

そこで鍵となるのが、果たして誰に相談すべきなのか、すなわち相談相手の選択に他なりません。思い浮かぶ専門職として弁護士や会計士を上げる声も多数聴こえますが、ぜひ視野に入れていただきたい存在として税理士を挙げておきたいと思います。その名の通り税理士は税金関係のプロフェッショナルのみならず、その豊富な知識と経験値を通じ、相続関連の相談にも的確な助言を届けてくれる存在です

更には税理士各々のネットワークを通じ、必要に応じて他の専門家を紹介してもらえるなど、相続問題以外のトラブルに対しても、速やかな対応が可能な環境の構築が叶います。

重要な事前の相続相談

法定相続人として両親を見送らねばならない時は、全ての人に訪れる現実が見過ごせません。「相続といっても我が家には財産など見当たらないから自分とは無縁」と、全く意識を向けられぬ方々も大勢見られますが、高額な現金や不動産ばかりが相続の対象とは限りません。

先代が自分達に残す、時にプラスのみならずマイナス、すなわち借金もまた相続の対象となるケースも数多く、更には複数の法定相続人が存在する場合、十分な意思疎通から全員が正しく理解納得の上での対応が求められます。

時代を問わず共通する、非常に残念な数多くの事例として、この相続に関する意識と認識の低さから、後々大きなトラブルを抱える羽目になってしまう方々が、後を絶たぬ現実が見過ごせません。

それは例えば相続に際しての税金の問題に限らず、親族間の人間関係の軋轢に繋がってしまうなど、解決が非常に困難かつ繊細なトラブルに発展するケースも多々見られます。そしてこうした事例の多くに関しては、事前に然るべき存在に相続相談から方針を見据えておく事で、十分回避が叶ったトラブルなのです。

相続相談と目や耳にすると、時に専門的な知識が求められる、あるいは厄介で面倒など、腰が退けてしまいそうな先入観を抱かれる向きも見られますが、実際には必ずしもその限りではなく、何より回避してはならない作業です。ここでは以下、税理士に相続相談するという選択肢とそのメリットに関し、基礎的な予備知識をご紹介してまいります。