重要な事前の相続相談

法定相続人として両親を見送らねばならない時は、全ての人に訪れる現実が見過ごせません。「相続といっても我が家には財産など見当たらないから自分とは無縁」と、全く意識を向けられぬ方々も大勢見られますが、高額な現金や不動産ばかりが相続の対象とは限りません。

先代が自分達に残す、時にプラスのみならずマイナス、すなわち借金もまた相続の対象となるケースも数多く、更には複数の法定相続人が存在する場合、十分な意思疎通から全員が正しく理解納得の上での対応が求められます。

時代を問わず共通する、非常に残念な数多くの事例として、この相続に関する意識と認識の低さから、後々大きなトラブルを抱える羽目になってしまう方々が、後を絶たぬ現実が見過ごせません。

それは例えば相続に際しての税金の問題に限らず、親族間の人間関係の軋轢に繋がってしまうなど、解決が非常に困難かつ繊細なトラブルに発展するケースも多々見られます。そしてこうした事例の多くに関しては、事前に然るべき存在に相続相談から方針を見据えておく事で、十分回避が叶ったトラブルなのです。

相続相談と目や耳にすると、時に専門的な知識が求められる、あるいは厄介で面倒など、腰が退けてしまいそうな先入観を抱かれる向きも見られますが、実際には必ずしもその限りではなく、何より回避してはならない作業です。ここでは以下、税理士に相続相談するという選択肢とそのメリットに関し、基礎的な予備知識をご紹介してまいります。